政府発表の次亜塩素酸水に対する有効性の評価についての見解

2020年06月30日

6月26日に経産省ならびに独立行政法人NITEによる次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する有効性の評価が新たに更新されました。

今回の発表に対して取り扱い商材のメーカーから正式に発表がありましたので掲載致します。

 


コロナウイルス不活化 だけに焦点がしぼられ、危険性 、日常性 が無視されている。

新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会の 最終報告において、

次亜塩素酸水は 35ppm 以上 の条件で有効 かつ 注意事項として汚れ(有機物:手垢、油脂等)
をあらかじめ除去することと 結論付けられて います。この報告にもかかわらず、「 拭き掃除に 使うとき:
80ppm 以上 のもの」 での 使用を推奨され ています 。
しかしながら、
有機物対策を確実に行うには事前の洗浄工程を充実させるべきで、濃度で解決で
きるものではありません。 有機物対策として不安だから高濃度で大量に使用することを推奨するとい
う考え方は、 出口の見えないコロナ禍の中で 80ppm で不安な人は 200ppm 、 200 ppm で不安な人は
次亜塩素酸ナトリウム 500ppm を使うことになり 、人体にも危険な濃度を常用させる危険性があり ま
す 。 安全性と有効性が両立する 基準で 使用する ことを推奨する こと が 、 行政の役目 だと弊社は考え
ます。
また、
関連資料④において 「元の汚れがひどい場合などは有効塩素濃度 200ppm 以上のものを使う
ことが望ましいです。」との記載がありますが、 NITE の検証試験の結果について(第 3 報)内の帯広
畜産大学での検証試験結果まとめ( P37 )において、非電解型の次亜塩素酸水 200ppm では細胞 障
害 が出た検体(製品)が複数あるにもかかわらずその濃度での使用を推奨されています。

従来、弊社製品は特定のウイルスや菌に対しての対策を目的としてきたものではありませんが、

この度の経済産業省、 NITE の「 有機物を 除去することで 35ppm 以上 の次亜塩素酸水 は コロナ ウイル
ス に対して有効である」という結果を 一つの 基準 として 参考にさせていただきます 。

しかしながら、 「拭き掃除には 、 有効塩素濃度 80ppm 以上 のものを使いましょう」につい
ては、 「近づけ、水で!安全な生活へ!」をコンセプトとする弊社としては、まったく賛同できる内容で
なく 、 非常に遺憾の極みです 。
弊社はこれからも、 こどもから高齢者が安全に使える 衛生用 水として次亜塩素酸水を提供していく
ために 、事前の有機物除去 の具体的手段や手順 と 35ppm 以上の次亜塩素酸水をもちいた清掃方
法を 新たな 生活様式に取り組むさまざまな業界に対し マニュアル化し、 その有効性、 安全 性のエビ
デンスを充実させつつ 情報発信 してい きます。

(※資料:株式会社テックコーポレーション 一部抜粋)

http://www.techcorporation.co.jp/news/files/d7cb553e21cb884cc3cfc2769157c673.pdf

 

新型コロナウイルスに対する有効塩素濃度35ppmという数字に注目しがちになりますが、

弊社が取り扱う製品の従来のエビデンスや過去の実績が今回の発表で消えるわけでありません。

弊社としましても、本製品を通してメーカーと協力し今後も安心・安全を皆様に提供できるよう邁進してまいります。

 

 

  • 光触媒コーティング動画
  • 光触媒コーティング
  • @除菌手洗い220-J
  • 環境事業ページリンク
  • 電解水をご存知ですか?
  • テック
  • 06
ページトップ